« 新しい仲間が増えました | トップページ | 機関車にスイッチが付いていた »

2007年10月20日 (土)

この子の名前を知りませんか?

新しく「花咲Gさんの汽車ポッポ」に仲間入りした CN Freight です。固有名詞(機種名)は何と言うのでしょうか??  クラウスのように愛称があれば尚いいな~と思います。

昨日のブログの写真も参考にして、お判りの方は教えてください。Dsc_0248

|

« 新しい仲間が増えました | トップページ | 機関車にスイッチが付いていた »

庭園鉄道(Gゲージ)」カテゴリの記事

コメント

実は前回の記事を見て、私も庭のレールを整備しました。本当にしばらくぶりに車輌が線路を一周する事ができました。

ところでクラウスも実は自由形で本物はもう少し長い車体です。今回新しく仲間に加わったSLも自由形ですが、私の想像ではアメリカのいわゆる「ミカド」(2-8-2)をショーティー化したもののように思えます。この機関車はホイルベースがクラウスより幾分長いので、集電も有利になり安定した走りを見せるはずです。私の所にある物はATSFでやはりスターターセットの物ですが、それにサウンドを取り付けました。純正の物はかなり高価なので考えたあげくTOMYのサウンドプラレールのSLを買いその基盤とスピーカーを移植しました。従って動輪の動きにドラフト音は同期していませんが、時々自動的に可愛い汽笛を鳴らし停車するとブレーキのきしみ音が再現できるようになりました。

投稿: F'Track | 2007年10月21日 (日) 02時30分

F'Trackさん 有難うございました。

実は貴方のブログを6月から10月まで全部調べさせてもらいました。そしたら9月6日のグリフィス・パーク内交通博物館の写真の中に動輪が2軸のSL(9枚目)を見つけました。

これが「ミカド」かどうか判りませんが、今後手直しをする参考にさせてもらおうかと考えています。

また色々教えてください。お願いします。

投稿: 花咲Gさん | 2007年10月22日 (月) 00時44分

なるほど、9月6日のグリフィス・パーク内交通博物館の写真、上から9枚目と今回のLGBモデルは良く似ていますね。この動輪が2個ある機関車の形式を私は良く知りませんが、多分LGBのデザイナーも参考にしたかもしれません。

前回私が申し上げたミカドは動輪が4個ある中型のSLですがアメリカの鉄道史上重要な標準設計機でそれをショウティー化したのかと考えていました。
ミカドにはこんな解説文もありました。「第1次大戦時、アメリカ鉄道管理局が製造した2-8-2型蒸気機関車で、元々日本向けに開発された物が原型で形式を通じてMikadoと呼ばれていました。輸送力アップのために開発され全米で活躍」

写真は、http://en.wikipedia.org/wiki/Image:USRA_Light_Mikado.jpg
を見てください。

今回のLGBモデルをミカドと見立てたのはまったくの私個人の想像です。

投稿: F'Track | 2007年10月22日 (月) 04時26分

F'Trackさん お早うございます

早速「ミカド」の写真を見ました。F'Trackさんのおっしゃるとおり、こちらをデフォルメしたと見るほうが正しいようですね。
先台車の数、おでこのベル、らくだのこぶから斜めに出ている2本のパイプ、テンダーの形状等など。

ただ「ミカド」だと断定できない現在、愛称はCNに因んで「メイプル」とでも呼ぼうかなと考えています。犬の子を貰ってきて「ミッキー」と名付ける様なもので、誰も文句は言わないでしょう。(笑)

投稿: 花咲Gさん | 2007年10月22日 (月) 08時19分

良い名前ですね。私はカナダに行った事はありませんが、ブリティッシュコロンビアなど とても憧れていました。今から何十年も前に見た大阪万博のブリティッシュコロンビア館を見てからです。

カナダの景色がとても素晴らしい事はどなたも認めることで、それを象徴する「メープル」はこの機関車にとてもお似合いです。
確かSLや貨車の側面に描かれたマークにもメープルの葉っぱがあしらわれていたのではないでしょうか。

もう一つ私としては今回の出来事がとても嬉しく思っていました。今までヨーロッパにしか目が向いていなかったと思った花咲Gさんがアメリカ大陸にも目を向けてくれた事がとても嬉しく感じました。私はもちろんヨーロッパ型が嫌いと言うわけではなく、ただ知識が無いだけですが。

投稿: F'Track | 2007年10月22日 (月) 19時05分

F'Trackさん 「メイプル」にご賛同有難うございます。

私が初めてカナダを訪れたのは1977年の6月でした。もう30年前になります。その時トロントの現地駐在員が案内してくれたのが「CNタワー」だったのです。

CNタワーはCN(Canadian National Railways)が建てたこの種のタワーでは世界最大の533.33mの高さです。馬鹿の何とかで私も登りました。

2度目は1995年、同じトロントでロブスターを食べて帰った夜、阪神淡路大震災のニュースをテレビで見ました。3度目は2000年に、夫婦でメープル街道をCNで旅をしました。

今回結果的には、たまたま在庫があったからこの車両を買ったのですが、そんな訳でCNにはとても親しみがあるのです。

今後アメリカンタイプは嫌いなどとは言いませんから、色々と教えてください。お願いします。


投稿: 花咲Gさん | 2007年10月22日 (月) 20時42分

私のコメントが、とても素敵な事実を知るきっかけとなった事はとても嬉しい事です。

今回買われたCNの列車がたまたまの在庫であった事が、至極当然のように感じられて仕方がありません。昔のお話を聞かせていただいて、このモデルの素晴らしさが何倍にも盛り上がりました。

投稿: F'Track | 2007年10月22日 (月) 23時27分

はじめまして。
F'Trackさんのところからやってきました。

F'Trackさんのブログのグリフィス・パーク内交通博物館の写真の機関車はこれですね。
http://www.flickr.com/photos/ocsunshine/340397271/
車輪配置が4-4-2ですからアトランティックと呼んでいます。

投稿: RAILTRUCK | 2008年9月12日 (金) 20時22分

RAILTRUCKさん はじめまして

F'Trackさんのブログのコメント欄で、時々お名前を拝見し、アメりカ鉄道にとても精通した方がいらっしやるものだと、感心していました。そのお方からコメントを頂いて恐縮しています。ありがとうございます。

私の所の機関車は2-4-0ですが、これはショーティー化した姿であって、モデルとなったのはアトランティックのような気がします。

投稿: 花咲Gさん | 2008年9月13日 (土) 09時52分

精通してるなんてトンデモナイ(汗)
私の知識レベルなんてイロハの部類ですよ。
それにちょっとググればそこそこ何でも分る時代ですから。

私見を言わせてもらえば、「メープル」はアトランティックのイメージとはちょっと違う気がします。アトランティックは腰高でしょう。
コンソリデーション(2-8-0)あたりかと思うのですが・・・。

投稿: RAILTRUCK | 2008年9月13日 (土) 13時05分

RAILTRUCKさん 重ねてのコメント有難うございます。

私は鉄道については無知に等しい人間です。ましてやアメリカの鉄道については全く判りません。

宜しかったら今度「コンソリデーション」の写真を紹介してください。急ぎませんから

投稿: 花咲Gさん | 2008年9月13日 (土) 14時39分

CNのコンソリデーションの写真がありました。いかがですか?
http://bp3.blogger.com/_IPZX1n_gnIM/SDwkRCQh6LI/AAAAAAAABV4/ABc9Hxi5-QU/s1600-h/CN2141_2_8_0_BLOG.jpg
http://farm3.static.flickr.com/2367/2396818242_193db14285.jpg?v=0

投稿: RAILTRUCK | 2008年9月13日 (土) 18時59分

RAILTRUCKさん 重ね重ね有難うございました。

2枚の写真と我が家の「メープル」を比較して、改めてよく似ている事に驚きました。動輪数の違いを除けば、煙突やベルの位置、前方のステップ(階段?)、そして炭水車に描かれたCANADIAN NATIONALのマークまで、まさにそのものズバリだと感じました。

2枚の写真の内、カラー写真の方は現役の頃のものでしょうか、生き生きとしていますが、白黒の写真は屋外に放置され、朽ちるのを待っているようで寂しくなりました。 

投稿: 花咲Gさん | 2008年9月13日 (土) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85850/8527205

この記事へのトラックバック一覧です: この子の名前を知りませんか?:

« 新しい仲間が増えました | トップページ | 機関車にスイッチが付いていた »